【注目記事】30代でタイから日本の日本大学通信教育部(通称:日大通信)に進学した理由と入学まで

マンダリンオリエンタル・バンコクの滞在レビューとおすすめポイント

みなさん、こんにちは。

2001年、25歳の時にタイで起業した前田千文です。

「女社長の海外起業と経営術を語るブログ」に

ご訪問頂きありがとうございます。

本日みなさんにご紹介するのは、

タイで「ホテル」と言えば、ここの名前を挙げるくらい

Hotel of the Hotelと呼ばれるマンダリンオリエンタル・バンコクです。

マンダリンオリエンタルバンコク
ロビーの様子です。季節に応じてデコレーションが変わります。
目次

誰もが虜になるマンダリンオリエンタル・バンコク

書籍「サヨナライツカ」での舞台となり、また映画化もされたので

実際に泊まったことはなくても、

雰囲気を感じたことがある人は多いのではないでしょうか。

私は、この雰囲気に少しでも触れたくて、自分の身をこの場所に置きたくて、

度々レストランを利用しています。

2021年に15年ぶりに宿泊して

私(前田千文)
改めて一流ホテルとは、マンダリンオリエンタル・バンコクの事を言うのだ

と認識したので、ぜひ、それを皆様にお伝えいたしたくて、

また体験していただきたくて文章にしました。

会社の経営者という視点で見ても、とても勉強になる点が多く

料金以上の体験を得たと感じました。

チャオプラヤー・スイート(Chaopraya Suite)に宿泊したリアルレビュー

以前、週末を利用してチャオプラヤー・スイート(Chaopraya Suite)に宿泊しました。

マンダリンオリエンタルバンコク
お部屋はメゾネットタイプで85平米あります

ちょっと狭い廊下を抜けて、きれいに飾られたお花を見ながらお部屋に向かいます。

マンダリンオリエンタルバンコク

チャオプラヤー・スイート(Chaopraya Suite)は

広いリビングスペースとダイニングに分かれており、ベッドルームは2階にあります。

ダイニングエリアです
ダイニングエリアです

今回、宿泊したチャオプラヤー・スイートは、旧館であるガーデン・ウィング(Garden Wing)にあります。

象徴的な旧館。
象徴的な旧館。

最上階はミシュラン2つ星を獲得したフランス料理店のLe Normandie(ノルマンディー)です。

ガーデンウィング(Garden Wing)は、もともと客室数が少ないという事もあり、

静かな環境を好む私にとっては最高の環境でした。

天井が高く、床から天井まで続く大きな窓…。

窓からは悠々と流れるチャオプラヤー川が見えます。

マンダリンオリエンタルバンコク

せっかく広いお部屋で静かな部屋に宿泊したので、夕食はルームサービスで頂きました。

この日はタイ料理のセットメニューです。

The Mandarin Oriental bangkok

ルームサービスと言えども、きちんとテーブルにクロスを敷いてくれ、

レストランで食事をすると同じようにセッティングしてくれます。

過去にバンコクで5つ星と呼ばれるホテルには、たくさん宿泊しましたが、

ルームサービスの場合は簡素な感じで、

テーブルクロスを敷いてセッティングをしてくれるところはあまりありません。

こういったこともマンダリン・オリエンタル・バンコクの一流さなのかもしれません。

また掃除が隅々まで行き届いたベッドルームやバスルームにも、

スタッフの方の心配りを感じます。

マンダリンオリエンタルバンコク
寝室の様子
マンダリンオリエンタルバンコク
ピシッとアイロンが掛かった寝具

ほのかにレモングラスの香りが漂うなかで、ゆっくりとお風呂に浸かり、

静かな環境の中でボーっと出来るのは、喧噪のバンコクでは贅沢な時間です。

マンダリンオリエンタルバンコク
アメニティーは環境にも配慮しアルミニウム

私たち夫婦は、ほとんどの時間をこのお部屋でゆっくり本を読んだり、

お茶を飲んで過ごしました。

マンダリンオリエンタルバンコク
夜は幻想的な趣に変わります

なにかサービスを受ける際に、どうしても

私(前田千文)
もし、私がここの経営者だったらどうするだろう

という視点で見てしまいます。

マンダリンオリエンタル・バンコクの素晴らしさは、

どのスタッフもゲストの居心地を考えて、

「最高のサービスとは何か?」を考えながら、

それぞれのスタッフが責任をもって仕事をしている事だと感じました。

これは、ホテルなどのサービス業だけではなく、

他の業種にも言えることではないかと思います。

実際に宿泊し、この空気を感じてわかった気がします。

1泊2日の滞在でしたが、マンダリンオリエンタル・バンコクでの体験が忘れられず

また再訪してしまったのです…

ぜひバンコク市内で宿泊する機会があったら、お手頃な宿も魅力的ではありますが、

是非、高級ホテル…

できれば5つ星のホテル…のマンダリンオリエンタル・バンコクに宿泊していただきたいです。

金額以上の体験と滞在が出来ると思います。

また、体験するからこそ、わかることがたくさんあると思います。

これは泊ってみなければわからないことだと思います。

マンダリンオリエンタル・バンコクに宿泊したらやるべき3つのこと

もともとバンコク市内に住んでいるので、

お金を払って市内に滞在するという選択はありませんでした。

それがコロナで往来が制限されるようになり、

またいろいろなホテルがプロモーションをやっていて

私(前田千文)
時には泊まってみようかな?
どうせなら久しぶりにマンダリンオリエンタルに…

のような感じでした。

・・・で実際に宿泊して、思っていた以上に良くて、

しかも5スターと呼ばれるホテルはたくさんありますが

私(前田千文)
このホテル以外は5スターじゃないかも…

と思えるほどセンセーショナルな体験でした。

ここではマンダリンオリエンタル・バンコクに宿泊したらやるべき3つのこと

をご紹介したいと思います。

1つ目:できるだけ良い部屋に宿泊して、お部屋を堪能する。

OTAGO Suite at Mandarin Oriental Bangkok
2回目の滞在は最上階にあるスイートに滞在しました。

滞在目的にもよると思いますが、もしリゾート目的であるならば、

できるだけカテゴリーが上のお部屋に滞在することをお勧めします。

マンダリンオリエンタルバンコク
お部屋から見えたチャオプラヤー川の上流側の景色

部屋の広さはもちろんのこと、調度品、サービスに至るまで全く異なります。

ベッドメイキングは、最低でも1日2回…。チェックアウトする日にもやってきます。

普通は、チェックアウト当日はベッドメイキングは入りません。

常にお部屋がパーフェクトな状態に保たれます。

マンダリンオリエンタルバンコク
リビングルームの様子

おうちとは違った広い湯船に身をゆだねたり、

いつもとは違うバスソルトの香りを堪能したり…。

バスローブを着てゆったりとした時間を過ごすのも、

非日常で良い刺激になりますね。

マンダリンオリエンタルバンコク
レターもシーリングスタンプがされています

前回の滞在時も景色を見ながらのんびりとコーヒーを飲んでいたのですが

今回も、移り行く雲や川面を見ているだけであっという間に時間が過ぎていきました。


また事前にピローリクエストができたのも大きかったですね。

私は羽毛の柔らかい枕が苦手…。

「そば殻」をリクエストしたら、ありました!

おかげで、ぐっすりと眠ることができました。

マンダリンオリエンタルバンコク
ベッドメイキングの際に置かれるメッセージカード

2つ目:ホテル内の施設を最大限に利用する。

マンダリンオリエンタルバンコク
オリエンタルスパに行く途中に広がる景色

せっかくなので、ホテル内の施設は最大限に活用しましょう。

プールで過ごしても良し。

ジムで運動するも良し。

マンダリンオリエンタルバンコク
プールサイドで寛ぐ夫

私はプールで泳いだり、読書したり過ごしました。

タイが舞台になった本を読みながら過ごすのもおすすめですよ。

マンダリンオリエンタルバンコク
プールサイドで食べたホームメイドソーセージが意外にもおいしかった!

実は・・・運動靴は持参したのですが、ウェアを忘れたんです。

ジムで貸出してくれるそうです。

またオリエンタルスパでマッサージをしたり…

流れゆく川を見ながらミシュランに舌鼓をうったり…

(記事はこちらからどうぞ↓)

(Load Jim's) マンダリンオリエンタルバンコク
Load Jim’sはディナーで利用しました

せっかくなので、ホテル内もウロウロしましたよ。

マンダリンオリエンタルバンコク

他の5スターホテルと圧倒的に違うのは、空気なんですよね~。

なんかですね…金持ち?富貴?

豊かな気がゆったりと流れるんですよね…。

マンダリンオリエンタルバンコク

中華街(ヤワラート)のようなエネルギッシュさとは違って穏やかなふんわりとした空気…

でも、ちょっと緊張感があるんですよね…

ここの雰囲気が心地良いんです。

レストランなどの利用だけで伺うのも良いですし、雰囲気は感じますが

明らかにホテルゲストとして滞在すると扱いが違いますね。

常に名前で呼ばれますし…

3つ目:ホテル主催のイベントに参加する。

ホテルでは宿泊者向けに、無料イベントが開催されています。

マンダリンオリエンタルバンコク

滞在したときは5種類のイベントが開催されていて、瞑想やヨガ、テニスレッスン、

朝の托鉢、オリエンタルの歴史の紹介(創業144年です)など…

いろいろなイベントがある中で、私はBoat Tourに参加しました。

マンダリンオリエンタルバンコク
この船でお出かけ

私はなぜか船に乗るのが大好き。

ゆったり流れる景色と車窓とは全く趣が違うのが好きみたいです。

船はチャオプラヤー川の上流方面へ往復45分かけて出かけます。

三島由紀夫の『暁の寺』のモデルになったワット・アルンを目指します。

ワットアルン

チャオプラヤー川は交通の要所でした。

道路や橋が整備されていなかった頃は川を利用していたそうです。

その名残か大使館や官公庁が多く見受けられます。

川沿いの建物を見るだけでも楽しいです。

Boat tour, マンダリンオリエンタルバンコク

今回は3つだけのご紹介となりましたが是非滞在し体験してみてください。

マンダリンオリエンタル・バンコクのおすすめポイント

「Hotel of the Hotel」の名にふさわしいサービスを自ら体験できる。

最高のおもてなしを受けられる。

ホテル内、お部屋などの清掃が行き届いている。

一流に触れることができる。

ほんの一部ですが、何かのご参考になれば幸いです。

最後に…このメッセージカードをご紹介いたします。

毎晩のベッドメイキングの際に、枕元に置かれていました。

カードは毎日変わります。

マンダリンオリエンタルバンコク

Don’t put off what you can do today

Because if you enjoy it today you can do it again tomorrow

今日できることを先延ばしにしないで。

今日、もし楽しんでいるのであれば、明日またできるから。

私もまた楽しいことを体験したくて、触れたくて、

マンダリンオリエンタル・バンコクに滞在するのかもしれません・・・。

マンダリンオリエンタル・バンコクの情報

場所:Soi 40, Charoen Krung Rd. (BTSサパンタクシン駅からシャトルボートあり)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次