【注目記事】在タイ日系企業が導入すべき勤怠管理システム(2023年度版)

サムイ島滞在レビュー:Garrya Tongsai BayのNang Gong Villaの魅力と体験

The Tongsai bay

みなさん、こんにちは。

2001年、25歳の時にタイで起業した前田千文です。

「女社長の海外起業と経営と日常生活を語るブログ」にご訪問頂きありがとうございます。

今日は私がもっと多く滞在しているサムイ島にある5星リゾートの

Garrya Tongsai Bay(ガリヤトンサイベイ)をご紹介したいと思います。

おそらく、今回6回目の滞在になると思います。

サムイ空港から車で15分、あっという間にリゾートに到着です。

(以前滞在した時の記事です。)

目次

サムイ島トンサイベイの歴史と観光の魅力

The Tongsai bayが開業したのは1987年だそうです。

1985年、Imperial Hotel GroupのオーナーだったMr. Akorn Hoontrakulが

一目でこの土地を気に入り、3か月間浜辺で横たわり

自然と調和したホテルを作ろうと構想を練って完成したのが、

この『トンサイベイ』です。

ガリヤトンサイベイ
The Tongsai bayオリジナルの新聞です。これを読むのを楽しみにしております。

次の世代へ豊かな自然を残し、動植物との共栄共存をポリシーとしています。

Mr. Akorn Hoontrakulは2000年に亡くなりましたが、

その意志は現在のオーナーである息子さんたちに受け継がれています。

サムイ島には今ではたくさんのホテルがあり、

外国資本の有名なホテルもたくさんありますが、以前はのどかな小さな島でした。

バイクで回っても1周1時間ほどです。

このトンサイベイが「サムイ島に最初にできた5星ホテル」と言われています。

リゾートの広さは25エーカー(約10,118㎡)にもなり、

この広大な広さにもかかわらずスイート、コテージ、ビラは83室しかありません。

大きな特徴としてはそれぞれの客室からは海が見え、

ベランダにはバスタブがあり、海を見ながらお風呂に入れるようになっています。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)

リゾート内では、たくさんの鳥や昆虫を見ることができ、美しい木々に囲まれています。

サムイ島ガリヤトンサイベイ

朝、朝食を食べに行く際にVillaからお散歩がてら歩いていきましたが、

緑豊かな歩道を歩くとすがすがしい気分になりました。

Garrya Tongsai Bay:Nang Gong Villaでの宿泊体験レビュー

私は建物の中にあるSuiteタイプよりも一棟タイプのCottageやVillaが好きです。

過去に何度か滞在していますが、

Seafront Cottages、McGuigan Cottage、Hideaway Cottageに滞在したことがあります。

今回、数ある客室の中からNang Gong Villaに滞在しました。

リピーターということでお部屋のアップグレードができるということで、

Founderの名前が付いたAkorn Villaへの滞在を勧められました。

サムイ島ガリヤトンサイベイ
Garrya Tongsai bayの地図です。

ただ、このAkorn Villaは2ベッドルームということと、

景色は高台にあるNang Gong Villaの方が視界が広いということで

予定通りNang Gong Villaに滞在しました。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)

まず、入り口を入るとバスタブと広いプールが目に入ります。

奥にガゼボとダイニングテーブル。

サンベッドもあります。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)

BarカウンターにはThe Tongsai Bayから白ワインの贈り物がセッティングされていました。

サムイ島ガリヤトンサイベイ

バスタブはフラワーバスができるようにと、プルメリアの花が置かれていました。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)

私はこの広いテラスがすごく好きで、ほぼ1日をここで過ごしました。

滞在中はテラスでマッサージも受けました。

自然の風が心地よく、鳥のさえずりや木々の音を聞きながらのマッサージは格別でした。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)
朝日が昇るのを見ながら泳ぐのは最高でした。

実は2021年11月もGarrya Tongsai Bayを予約したのですが、

改装で休業となってしまい

その時はInterContinental Koh Samuiに滞在しました。

InterContinental Koh Samuiで滞在したClub Panoramic Ocean View Suiteも

広いテラスがあるのですが、屋根がなく、滞在した時は雨だったので、

せっかくのテラスを利用することができず残念でした。

その点、Garrya Tongsai Bayはしっかりとした屋根があるので、

天気に関係なく、テラスを堪能できたのはありがたかったです。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)

お部屋の広さは244平米もあります。

バスタブは2か所あり、海が見える外と中にもあります。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)

リビングルーム、ベッドルーム、シャワールームが別々に分かれており、

大変広い贅沢な作りになっています。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)
左に大きなウォークインクロゼットがあります。

リビングルームとベッドルームからは海を眺めることができます。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)

Nang Gong Villaの大きな特徴は、テラスにプールが2か所あり、

それぞれ2.8m x 8.65m、2.5m x 4.74mの大きさがあります。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)

目の前には大きな海が広がりChoeng Mon BeachとTongsai bayを見渡すことができます。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)

また高台にあるため、ホテルのプライベートビーチで騒いだとしても、

音は全く聞こえず、本当に静かで、

ただただ自然の豊かさを味わうというには本当に最高の場所でした。

Nang Gong Villaは東側に面しているため、朝日が昇るのが見えます。

私は毎朝早起きして、朝の涼しさを味わいながら泳ぎ、

朝日を見て、そのあとはゆったりと入浴しました。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)

Nang Gong Villaの居心地が良すぎて、完全に“おこもりステイ”となってしまいました。

Garrya Tongsai Bay:Nang Gong Villa滞在のおすすめポイント

とにかく静か。

お部屋が広くてゆったりできる。

絶景を独り占めできる。

プライベートプールが2つある。

テラスに屋根があるため天候を気にせず過ごせる。

お風呂は2か所あり、気分で選べる。

ベッドルームからも海が見える。

Garrya Tongsai Bayで楽しむ絶品料理とレストランガイド

私たちは結構、食に対してこだわりがあり、

正直、食事が好みに合わないとリピートで滞在することがほぼありません。

The Tongsai bayはもう何度も滞在しているので、食事が美味しいのは保障します。

朝食はLobbyの隣にあるRhoy! Rhoy! Restaurantで食べました。

Rhoy! Rhoy! Restaurant at Garrya Tongsai Bay
Rhoy! Rhoy! Restaurant

ルームサービスも可能ですが、部屋が良すぎて、ひきこもりになる可能性が高かったので、

朝食は気分を変えるためにも出かけました。

Rhoy! Rhoy! RestaurantT at Garrya Tongsai Bay

私たちが滞在した時は、メニューの中からオーダーする形式でした。

Rhoy! Rhoy! Restaurant at Garrya Tongsai Bay

タイ料理、洋食があります。

Rhoy! Rhoy! Restaurant at Garrya Tongsai Bay
エッグベネディクト:マフィンは自家製です
Rhoy! Rhoy! Restaurant at Garrya Tongsai Bay
オムレツ:白身だけでも作ることができます。

The Tongsai bayでは菜園があり、

ハーブやジャムがリゾート内で栽培されたものを一部使用しています。

特にマルベリーのジャムが美味しかったです。

Rhoy! Rhoy! Restaurant at Garrya Tongsai Bay

ランチは“おこもりステイ”で、全てルームサービスで頂きました。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)

眼下に広がる海を独り占めしての、昼食は格別でした。

屋根と扇風機のお陰もあり、意外と快適に食べることができます。

私は日中、ここで仕事をしたり、本を読んで過ごしました。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)
ガパオライスとトムヤムクンを食べました。

私たちは辛い物が苦手で、あまりタイ料理は食べないのですが、

Garrya Tongsai bayでは、調整してくれるので、

辛くない美味しいタイ料理を二人で堪能しました。

夕食は、Fish Tales Restaurantで頂きました。

ここはランチとディナーを提供しています。

Fish Tales Restaurant  at Garrya Tongsai Bay

ビーチフロントにあるレストランで、タイ料理と洋食があります。

Fish Tales Restaurant  at Garrya Tongsai Bay
パイ生地にウナギが乗っています。

私たちは夕暮れ時のトワイライトタイムが好きで、

明るいうちから食事を開始するのが好きです。

Fish Tales Restaurant  at Garrya Tongsai Bay
空心菜の炒め物

ホテルから頂いたワインを飲みながら、日が落ちて暗くなる時間をゆっくりと楽しみます。

Fish Tales Restaurant  at Garrya Tongsai Bay
パパイヤサラダと鶏肉のグリル(ソムタムとガイヤーン)

Nang Gong Villaは高台にあるため、眼下に海が広がりますが、

レストランはビーチフロントにあるため

潮騒を聞きながら食事を楽しむことができます。

金曜日の夜にはビーチフロントで映画も上映されるので、

映画を楽しむのも良いかもしれません。

(私は夜早く寝てしまうので、早々にVillaに退散しました…)

Garrya Tongsai Bay: Elements Spaでのリラクゼーション・マッサージ体験

私も夫もマッサージが大好きなのですが、当然ながら今回も堪能しました。

Elements Spa at Garrya Thongsai Bay, Samui, Thailand
Elements Spaの入口

Villaで受けることもできますし、Spaで受けることもできます。

Elements Spa at Garrya Thongsai Bay, Samui, Thailand

Prana Spaは、タイマッサージとオイルマッサージが1つの部屋で施術できるようになっています。

タイマッサージはタイマッサージ用のベッドで施術します。

全体的に広々としたつくりになっており、ゆったりとした空間です。

施術ルームにトイレ、シャワー、バスタブなどが完備されており快適です。

Elements Spa at Garrya Thongsai Bay, Samui, Thailand

どこのリゾートにも言えることですが、

Spaはリゾートの施設内でも雰囲気が違っていることがほとんどですので、

ぜひ伺って、日頃の疲れを癒されることをお勧めします。

Garrya Tongsai Bayのおすすめポイントとマイナスポイント:旅行者のための詳細ガイド

Garrya Tongsai Bayのおすすめポイント

サムイ空港から15分。近いので移動に時間を取られることがない。

広大な敷地にもかかわらず、客数が少ないのでゆっくりできる。

可能であればコテージかビラに宿泊をおすすめ。

自然が豊か。

子供から大人まで楽しめる。

ナンゴンビラ(サムイ島ガリヤトンサイベイ)
Nang Gong Villaからみた朝日。

Garrya Tongsai Bayのマイナスポイント

創業から年数が経過しており、メンテナンスはされているが古さを感じる。

ビーチの砂が荒いため素足だと痛い。

海は岩が多いので、素足だと危険。(マリンシューズを履くことをお勧めします。)

高低差があるため、日ごろの運動不足の体にはこたえる。

サムイ島旅行のベストシーズン:気候と旅行のポイント

サムイ島旅行:2月から9月がベストシーズンの理由

バンコクは、暑季(3月~4月末)、雨季(5月上旬~10月末)、

乾季(11月~2月末)と大体分かれています。

サムイ島はバンコクよりも南に位置し、そのため季節も若干異なります。

乾季: 2月~9月(この中で最も暑いのが3月~4月)。
雨季:10月~1月(もっとも降雨量が多いのが、11月~12月)。

上記のようになっています。

旅行者の間では、サムイ島のベストシーズンは乾季の2月~9月と言われ、

特に2月は1年中でもっとも降水量が少なく、

そして気温も上がりすぎないため最も過ごしやすいと言われています。

国内および海外からの旅行者が多いのは、7月~9月ごろと言われています。

雨季と言っても、1日中降っているわけではなく、

朝晩のスコールがある程度ですが、降雨量が多い11月~12月は1日中降り続けることもあります。

Garrya Tongsai Bayの情報

住所:84 Moo 5, Bo Phut, Ko Samui Surat Thani, 84320 Thailand

  (サムイ国際空港から車で15分です。)

Tel: +66 (0)77 913 750 (24 hrs / 7 days a week)

Fax: +66 (0)77 425 462

ホームページ:https://www.tongsaibay.co.th/

なお、この記事は多言語(英語、タイ語、中国語)でも配信しております。

The Tongsai bay

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメントをお待ちしております!

コメントする


上の計算式の答えを入力してください

目次