【注目記事】30代でタイから日本の日本大学通信教育部(通称:日大通信)に進学した理由と入学まで

【レビュー】Villa Frantzen~スウェーデン発ミシュラン3つ星レストラン@Yenakart Soi 3

Villa Frantzen

みなさん、こんにちは。

2001年、25歳の時にタイで起業した前田千文です。

「女社長の海外起業と経営と日常生活を語るブログ」にご訪問頂きありがとうございます。

今日は2022年6月にオープンしたばかりの” Villa Franzen”をご紹介したいと思います。

実はずっと前からとても気になっていたレストランでした。

私はVilla FrantzenがあるYenakart Soi 3をよく通るのですが、ずっと一軒家が工事中でした。

おそらく7年間は工事中だったと思います。

この一軒家は広い邸宅で、いったい何ができるのだろうと思っていたところ、

素敵なレストランが完成したのです。

Villa Frantzen
レストランの様子です。

なかなか予約がしづらいお店なのですが、やっと予約が入ったので行ってきました。

目次

Villa Frantzenの歴史~スウェーデン発の北欧料理店

Villa Frantzenはスウェーデン人のChef BJÖRN FRANTZÉNにより

2022年6月、バンコクのYenakart Rdに誕生しました。

本店であるFrantzen は2008年にスウェーデンのストックホルムに誕生しました。

Chef BJÖRN FRANTZÉN
Chef BJÖRN FRANTZÉN

スウェーデンではミシュラン3つ星を獲得しています。

Chef Frantzenは2013年にスウェーデンの美食評論家により “The chef of all chefs”と称されました。

そんな彼がオープンしたバンコクのVilla Frantzenを任されているのが、

スウェーデン人のChef MARTIN ENSTRÖMです。

Chef MARTIN ENSTRÖM
Chef MARTIN ENSTRÖM

バンコクに誕生したVilla Frantzenは、

Villaの名前にふさわしく美しく整った庭園に邸宅のようなたたずまいのレストランです。

そしてインテリアやデザインは、スウェーデンにあるデザイン会社の

Joyn Studioの3人のスウェーデン人女性によりデザインされました。

“Nordic meets Asian influence “にふさわしく、

バンコクの喧騒の中に北欧がすっぽりと入った感じです。

シェフの強いこだわりの中に、アジアやタイへの尊敬の念を感じます。

では、お腹も空いてきましたので早速レストランに入りましょう。

【レビュー】Villa Frantzen~スウェーデン発ミシュラン3つ星レストラン

レストランの様子

Villa Frantzenは、冒頭でも述べました通り“ビラ”の名にふさわしく、

入り口を入ると美しいグリーンに白亜の邸宅が見えます。

Villa Frantzen
こちらの建物がレストランです。

入り口を入ると右手にレストランがあり、左手にはBarがあります。

奥に広々とした駐車場があります。

伺った当日は17:30に予約をしており、早めに到着したためBarで待ちました。

Bar at Villa Frantzen
こちらがBarの入り口です。

天井が高く自然光を取り入れた設計。

シンプルな中に機能的で整った空間はすがすがしいものです。

Bar at Villa Frantzen
Barの様子です。

色合いも華美ではなく落ち着いており、ゆったりできる空間となっています。

ここで食事の時間が来るまで待つも良し。

食後にゆっくりとお酒を楽しむのもよさそうです。

では、時間になったのでレストランへ移動します。

スタッフの方が案内してくれ、まずはオープンキッチンが目に入ります。

restaurant at Villa Frantzen

テーブルからはキッチンが見え、

数々の美しい料理が作られるのを見ながら食事を楽しめますます。

Villa Frantzen
テーブル席から見えるキッチンの様子。

Villa Frantzenは北欧、それもスウェーデンにこだわっています。

レストランのデザイン、内装、食器に至るまで全てスウェーデン製です。

タイにもIKEAができて、北欧の家具に親しみができましたが、

Villa Frantzenで改めてテーブルや椅子などを見ると、

シンプルな中にも気品があり、良さを改めて感じました。

美しい料理が盛られたお皿は、スウェーデン人の陶芸家Calle Forsburgの作品でした。

Calle Forsburg
スウェーデン人の陶芸家Calle Forsburg

土の温かみと釉薬のこってりとした感じは、

どことなく日本の茶器を感じさせるものでした。

マナーとしては悪いのは分かっていましたが、

つい何のお皿か知りたくて裏を見てしまいました。

美しく磨かれたグラスの数々は一点の曇りがなく本当に美しかったです。

Villa Frantzen

また、使われているスプーンやフォークの美しさにも感激しました。

Villa Frantzen

メインコースにお肉を選んだのですが、その際にナイフを選ばせてくれます。

Morakniv
モーラナイフ(MoraKniv)

このナイフもスウェーデンが誇る創業1891年のナイフ・メーカーの

モーラナイフ(MoraKniv)です。

タイでもアウトドア用品ショップやLAZADAなどに売っています。

スウェーデンの“機能的な美しさ”を感じました。

Villa Frantzenでは、どっぷりとスウェーデンを味わうのがよさそうです。

お食事については後述しますが、Villa Frantzenそのものを楽しむのが良いのかもしれません。

Villa Frantzen

肝心の食事はどうか?

私はディナータイムに伺いました。

ランチは土曜日と日曜日のみとなっています。

ディナーはコース料理になっており、全部で6品です。

なお、ランチもディナーと同じメニューです。

食前にオイスターやキャビアを別途注文することも可能です。

Menu at Villa Frantzen
伺った日のメニューです。
Menu at Villa Frantzen
伺った日のメニューです。

1品目から5品目まではお食事のメニューで、2つあるメニューのうち1つ選びます。

6品目のデザートは3つの中から1つ選びます。

料理に合わせて6グラスのワインペアリングも可能です。

Menu at Villa Frantzen
伺った日のワインペアリングのメニューです。

お酒が苦手な方向けにノンアルコールの5グラスのペアリングもあります。

Menu at Villa Frantzen
伺った日のノンアルコールペアリングのメニューです。

料理がサーブされる前にパンをいただきます。

このパンはスウェーデン南部の伝統的なパンで「Kavring(カブリング)」といいます。

ビール酵母を発酵させたパンで、ほのかに甘みが特徴的です。

Villa Frantzen
Kavring, Swedish Dark Rye Bread with Bordier Butter

気のせいだと思うのですが、黒糖パンと味がよく似ています。

Kavringを味わっていると、一品目が来たようです。

まず1品目は夫も私も”Cured Norwegian salmon & beer poached king crab”を注文。

Villa Frantzen
Cured Norwegian salmon & beer poached king crab: dill trout roe, avocado, horseradish & sour cucumber

日本のちらし寿司を思わせるような、美しい宝石箱のような色合いです。

やはり北欧と言えばサーモンですから、せっかくなので頼んでみました。

1品目なので軽い味わいです。

塩味、甘み、酸味のバランスが良く、アクセントはワサビとディルです。

鮭のいくらより小さな“鱒のいくら”がプチプチとした食感で楽しませてくれます。

ワインペアリングはドイツのリースリングワインです。

Villa Frantzen

ドイツのワインは甘めのワインが多い印象で、

リースニングワインも甘いという印象があります。

実際に甘口の方ではありますが、奥に辛味も感じ、

サーモンと相まってそれぞれの良さを引き立てる味わいです。

私はあまりお酒が飲めないので、1杯だけスパークリングワインを頂きました。

Villa Frantzen

2品目は、夫は”Cauliflower chawanmushi”を注文。

“茶わん蒸し”と言えば日本料理です。

Villa Frantzen
Cauliflower chawanmushi: yeasted mushroom tea, lime, toasted hay oil, lemon thyme & split peas

見た目は日本の茶わん蒸しには程遠いのですが、

味は“茶わん蒸し”だったようで、見た目と味のギャップに驚きながら食べたそうです。

私は”Jerusalem artichoke & vendace roe”を頂きました。

Villa Frantzen
Jerusalem artichoke & vendace roe: flower chives, vinaigrette of cold-pressed rapeseed oil, bbq onions & fresh cream

さわやかな酸味にアーティチョークの軽やかな歯触りがおいしい一品です。

酸味をクリームが和らげてくれます。

なお、ワインペアリングはフランスのワイン。

この年のワインは他の年よりも評価が高かったそうです。

Villa Frantzen

軽やかな果実の味がふくよかに広がる白ワインです。

続いて3品目は、夫は”Grilled scallops & fermented parsnips”です。

Villa Frantzen
Grilled scallops & fermented parsnips: truffle dashi, green onion & almond oil

どことなく、日本食っぽい感じがするお味です。

おそらく醤油の風味でしょうか。

ワインペアリングは、なんと京都の日本酒!

確かに、このお料理はワインよりも日本酒の方が合いそうです。

辛口の日本酒とホタテの塩味、しょうゆの風味がマッチします。

私は”Cold poached lobster & rhubarb”を選択。

以前” Blue by Alain Ducasse”に伺った時も”rhubarb“を食べました。

今回で2回目の経験となります。

Villa Frantzen
Cold poached lobster & rhubarb: tomato & vanilla water, black peppercorn, almonds, olive oil & lime basil

ロブスターの甘みと塩味に、生のアーモンドの食感と風味、

トマトとルバーブの酸味が混ざり合って、ロブスターを引き立てます。

ほのかにvanilla waterを背後に感じながらおいしくいただきました。

そしてメインとなります。

メインは私も夫も”Duck & foie gras“を選択。

Villa Frantzen
Duck & foie gras: fermented white asparagus sauce, pine shoots, citrus herbs, mint & peas

いろいろなお店でDuck & foie grasを食べていますが、

甘味が強いソースで提供するお店が多いです。

Villa Frantzenでは甘みを抑えた味付けで、

甘い料理が苦手な私にとっては食べやすい一品でした。

鴨肉とフォアグラへの火の通りが絶妙で、

おそらく食材とバランスが一番おいしくなる火加減なんだろうと思いながら食べました。

ワインはポルトガルの赤ワインを合わせます。

Villa Frantzen

フルボディーで土とオークの香りが特徴的です。

かといって重さを感じず飲みやすいワインでした。

どのお料理も食べやすく、塩味を抑えており、

それぞれのプレートに個性を感じ楽しませてくれました。

最後はデザートで締めくくります。

夫は甘いものが大好きで”Smoked ice cream 2.0”を選択。

カカオの苦みと甘み。そして、デザートなのに「塩味」で、すっきりとした味わい。

夫曰く、デザートなのに「しょっぱい」と…。

ワインはスペインの白ワインと合わせます。

Villa Frantzen

フルーティーな味わいで、かんきつ類やトロピカルフルーツを思わせるような味わいです。

カカオの苦みと塩味と合います。

口をすっきり中和させてくれます。

私は”Blood orange sorbet“を選択。

Villa Frantzen
Blood orange sorbet: oolong mousse, pomelo & roasted hazelnuts

口をさっぱりとさせてくれる一品でした。

これも、塩味がします。

オレンジシャーベットの下にはポメロが敷き詰められており、

酸味と甘みと、そして塩味が混ざりありユニークな味わいです。

料理の印象としては、味付けは軽めです。

一品一品が飽きのこない量とバランスで、もうちょっと食べられそう…と言う感じです。

このくらいがちょうどよいのかと思いました。

全ての食事を終え、最後にラズベリー味のプチフールを頂き、

どっぷりとスウェーデンに浸かりつつも、タイのテイストも味わえ、

満足してVilla Frantzenを後にしたのでした。

ドレスコード

スマートカジュアルです。

男性はスラックスを履いてください。

Villa Frantzen

食事の予算

予算は以下の料金となります。

ランチ: 6コース(4,200 THB) 土・日曜日のみ

ディナー: 6 コース (4,200 THB)

ワインペアリング: 6 グラス (1,890 THB)

ノンアルコールペアリング: 5 グラス (1,500 THB)

上記料金に、VAT 7%とService charge 10%が掛かります。

Villa Frantzenのおすすめポイントとマイナスポイント

おすすめポイント

バンコクにいながらスウェーデンを味わい尽くせる。

住宅地に突然現れるレストラン。隠れ家的な感じ。

料理が独創的である。

お店は比較的カジュアルで居心地が良い。

インテリアや内装は一見の価値あり。

お客様が多くエネルギッシュな感じ。

マイナスポイント

ワインペアリングが6杯なので、お酒が弱い人にはちょっと多いかも。

予約が取りにくい。

レストランには車でしかアクセスができない。(MRTやBTSからは遠い。)

Villa Frantzenの店舗情報

場所: No.7 Yen Akat Soi 3, Chongnonsi, Yannawa, Bangkok 10120

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次