【注目記事】30代でタイから日本の日本大学通信教育部(通称:日大通信)に進学した理由と入学まで

タイ永住権申請後のインタビューは何を聞かれるか

みなさん、こんにちは。

2001年、25歳の時にタイで起業した前田千文です。

「女社長の海外起業と経営術を語るブログ」にご訪問頂きありがとうございます。

前回は、『タイ永住権の申請方法』についてお伝えしました。  

あわせて読みたい
タイ永住権の申請方法 みなさん、こんにちは。 2001年、25歳の時にタイで起業した前田千文です。 「女社長の海外起業と経営術を語るブログ」にご訪問頂きありがとうございます。   今日...

 

今回は申請した後に起こるインタビューについてお伝えしたいと思います。  

 

目次

タイ永住権申請のインタビュー内容を公開

 

2011年12月に永住権の申請書類を 入国管理局に提出し

その2か月後(2012年2月)に、入国管理局からお呼び出しがかかりました。

インタビューのお知らせです。

 

インタビューは何回行うのか?そして、その内容は?

インタビューは全部で2回行います。

私の場合はタイ永住権を持つもの(夫)の配偶者としての申請だったため

1回目は、申請後の2012年2月に夫とともにインタビューに臨み、

2回目は、1回目のインタビューから1か月後の2012年3月に私一人で臨みました。

 

それぞれのインタビューはこんな感じです。

 

1回目のインタビュー:夫と2人で。2012年2月

ある日突然、速達で郵便物が届きます。日時指定です。

夫とともに入国管理局へ来ることと、必要書類が記載されていました。

必要書類は、永住権を申請した際に提出した書類一式です。  

インタビューと言いましても、顔見せと書類の確認と言った感じで 個室に入り、

ソファーに座ったまま時々質問を受け、 私たちが答えた内容を係官が記載すると言う作業が1時間ほど続きます。

聞かれたことは、下記のような感じです。  

 

結婚はどこでしましたか?

いつ結婚しましたか?

どこで出会いましたか?

いつ出会いましたか?

ご両親の名前は何ですか?

ご両親の職業は何ですか?

お二人の出身地はどこですか?  

 

このようなことを聞かれました。

夫婦の写真

インタビュー時に「二人が一緒に写っている写真があるか?」と聞かれます。

 

 

偽装結婚での申請を防ぐために聞かれるようですが

日本人は永住権の申請をする人自体が少ないので

あまり細かいことは聞かれないようです。  

 

2回目のインタビュー:1人で。2012年3月

 2回目は1回目のインタビューが終了後、1人で受けました。

1回目と同様、速達郵便が届き日時が指定されます。

受け取った日から2日後です。  

書面には、インタビューの目的とインタビュー日時と場所の記載があります。

インタビューの目的には、「タイ語力の確認」「タイ国への理解度の確認」とありました。  

 

インタビュー前に、書類のチェックを受け、写真を撮影してから番号札をもらい、別室で待ちます。

私は33番札でした。  

申請者は中国人、台湾人、インド人が多く、日本人は私だけのようでした。

何名かイギリス人の方もいました。

インタビューは番号札順に呼ばれ会議室に一人ずつ通されます。  

インタビューは入国管理局長ほか6名いました。

インタビューの様子を写真撮影する人、ビデオを撮影する人、インタビューの回答を書く人がおり、 総勢7名の担当官でした。  

正式なインタビューということで、制服を着ています。

さすがに目の前に7名も並ぶと圧迫感があります。

ただ、みなさんにこやかで、終始雑談のような感じのインタビューでした。  

最初は簡単な質問を聞いてきますが、ある程度タイ語ができると思われると、

複数名が一斉に聞いてくるので誰に答えて良いかが判らず、ひたすら聞かれた事に答える、、、

という本当に雑談のような感じです。

 

こんなやり取りが印象に残っています。    

 

審査官:名前は何ですか?

私: まえだちふみ です。

審査官:国籍と出身地は?

私:国籍は日本です。出身は山形県です。本州の北側です。

審査官:地震と津波の被害は大丈夫でしたか?(2011年の震災の話題になりました。)

私:宮城県の隣なので、かなり揺れましたが、山形県は反対側なので津波はありませんでした。

審査官:それはよかったですね~。 タイに何年住んでいますか?結婚していますか?

私:7年になります。結婚しています。

審査官:ご主人の会社の業種を教えてください。

私:印刷業です。

審査官:タイで働いた事がありますか?

私:あります。タイに来た頃はスアンクラーブ高校で日本語を教えていました。

審査官:それは良いですね~。場所はどこですか?

私:サムトプラカン県です。

審査官:好きなタイ料理は何ですか?

私:イサーン料理が好きです。(担当官が一同驚く)

審査官:イサーン料理の何が好きですか?ソムタムとか?

私:スープ・ノッマイが大好きです。(一同大爆笑。マニアックなローカルフードです。)

審査官:なかなかこの料理は食べられませんよ~(笑)どこで食べたのですか?

 

私:学校で働いている時に、同僚の多くがイサーン地方のロイエット県の出身でした。

みんないつもイサーン料理を作ってくれ「これがタイ料理だよ~」と食べさせてくれました。

それと、「タイ語を教える」と言ってイサーン語を教えてくれました。

 

審査官:イサーン語を話せますか?少し喋ってみてください。(イサーンはタイ東北部です)

 

私:「どこ行ってきたの?」「何買ったの?」「それはあっちの市場の方が安いのにぃ~」

「ご飯食べた?」「まだ食べてないよ」「じゃ、一緒に食べよう」  

 

とイサーン語で会話風に言ったところ、大爆笑でした。  

 

これを最後にインタビューは終わるのですが、

部屋を出る時に審査官から

「チャオ シ パイサイ?」(イサーン語で “どこ行くの?”)

と聞かれ、またまた大爆笑でした。  

その他に聞かれた事は、

 

寄付はしていますか?

タイのどんなところを旅行しましたか?

タイのどんなところが好きですか?

なぜタイに永住したいのですか?

自宅での会話はタイ語ですか日本語ですか?  

 

と、ごく簡単な内容でした。  

 

それと…「ご主人のお給料が良いですね~」と言われました。

 

実は私は夫の給料を知らないのですが、その事を伝えたところ

「これは、言ってはいけないことを言ってしまったかね?

今聞いた事は、忘れてください。

あ、でも、そんなことを言うと記憶されますね(笑)」

 

と言っていたので

 

「それはとても有益な情報です!家に帰ったら、夫に確認します!(笑)」

 

と答えたところ

「どこの国でも、奥さんは怖いね~~~~」 と言っていました。  

 

インタビューというよりは個人的な興味で、会話を楽しむ、、、というような感じでした。

友人が「タイ国歌を歌うの?」と聞いてきたのですが、永住権の申請では歌いません。

帰化申請(タイ国籍を取得する)の時はタイ国歌を歌います。 

 

個人的な印象ですが 全くタイ語ができないで永住権を申請するよりも

日常会話はできた方が印象は良いかと思います。  

 

今日は永住権申請後のインタビューについて書きました。

タイ永住権の取得を目指す方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次