【注目記事】30代でタイから日本の日本大学通信教育部(通称:日大通信)に進学した理由と入学まで

Paresa(パレサ)~プーケットの極上プールビラ滞在記

Paresa

みなさん、こんにちは。

2001年、25歳の時にタイで起業した前田千文です。

「女社長の海外起業と経営術を語るブログ」にご訪問頂きありがとうございます。

旅に出ると『脳に空白』が生じるのか、『非日常』に身を置くかは不明ですが

新しいアイデアが生まれるから不思議です。

ですので、私はよく旅に出かけます。

今日はプーケットにある5 星リゾートのParesa(パレサ)をご紹介したいと思います。

極上という名にふさわしい滞在となりました。

目次

Kamala地区の断崖絶壁にある5星リゾート~Paresa(パレサ)

国際観光都市のプーケット。

バンコクから1時間半のフライトでリゾート・アイランドに到着です。

プーケット空港は国際空港なので、タイ国外からの直行便も多数乗り入れています。

古くから観光地として栄え、5星のラグジュアリーなリゾートが点在しています。

私もプーケットは好きで、最低でも年1回は滞在しています。

今回、長期滞在用のビラや別荘が建ち並ぶカマラ地区にあるParesa(パレサ)に滞在しました。

Paresaはアンダマン海を見下ろす断崖絶壁にあります。

Kamala Beachから小高い山を登るとParesaがあります。

綺麗な夕日が自慢のホテルです。

a sunset view from the room at Paresa.
Spa Pool Suiteから見えた夕日

気になるお部屋の種類は?

お部屋は全部で6つのカテゴリーがあります。

お部屋の広さは140平米~1,110平米まであります。

At Spa poo; suite at Paresa.
ソファベッドからも夕日や海が見渡せます

大人が8人まで宿泊できるビラやキッチン付きのビラなどがあります。

全てにプライベートプールがあり、どの部屋からも壮大なアンダマン海を見ることができます。

今回私は、Spa Pool Suiteに宿泊しました。

Spa Pool SuiteはLobbyがあるメインエリアから少し離れたところにあり、

ホテルの敷地をいったん出てカートで移動します。

Spa Pool Suiteおすすめポイント

今回、どうしてもSpa Pool Suiteに泊まりたくて、あえて選択しました。

その理由は、プールの上にぽっかりと浮かぶ、お風呂に惹かれたからです。

Spa poo; suite at Paresa.

Spa Pool Suiteは210平米の広さがあり、

プールやテラスからは270度の美しい地平線を見ることができます。

またお部屋にはマッサージベッドとスチームルームがあり、

スチームルームでまったりした後に、自室でマッサージを愉しむことも可能です。

Spa poo; suite at Paresa.
Spa Pool Suiteにはマッサージエリア、スチームルームがあります。
Spa poo; suite at Paresa.
マッドマスクを塗っているので顔は真っ白!

寝室以外はオープンエアとなっており、シャワールームからも海が見渡せます。

Spa poo; suite at Paresa.

午後の13:00~15:00までは暑いですが、

午前中と夕日が見える時間は、日差しもきつくなく風が抜けて涼しいです。

Spa poo; suite at Paresa.
ライティングデスクがなかったので椅子で代用しました。

私は、海を見ながら来年の計画を立てました。

私は来年の目標を作成しましたが、

Paresaでは、本来ひたすらのんびりと過ごすのが一番オススメです。

fluffy bed and clean bedding. Spa poo; suite at Paresa.
清潔でふかふかなベッド
inside the pouch were mask and sanitizing gel. Paresa
ポーチの中身はマスクとハンドジェルでした。

驚いたのが、お部屋にある家具類が素晴らしくオーナーのこだわりを感じました。

タイはどんなに高級なホテルでも、

家具が素晴らしくても残念なことに釘が使われていることが多いです。

Spa Pool Suiteにあった椅子やテーブルには釘が一切使われておらずとても感動しました。

good funiture (Spa poo; suite at Paresa.)
家具を購入したくて問い合わせましたが残念ながら販売していませんでした。

釘を使っていないという事は、メンテナンスさえきちんと行えば長く使うことが可能です。

Spa Pool Suiteのマイナスポイント

寝室以外はオープンエアという事もあり、虫が多いです。

ロビーまで徒歩で行くことができず、いつもカートを呼ばないといけません。(ちょっと面倒)

ライティング用のテーブルがないため、書き物をしたいときに不便。

食事はどうなのか?

最初に結論を言いますと、どの食事も大変美味しかったです。

私も夫も辛い物が苦手なのですが、

「辛くしないでください」と伝えると、徹底して辛味は抜いてくれます。

タイはよくあるのが、辛くしないでほしいと伝えても辛いケースもあり、

その点は、ばっちりでした。

Thai basil spaghetti (Paresa meal)
タイバジルのスパゲッティー

メニューの数は少ないですが、食べたい物を言うと作ってくれます。

また量なども調整してくれます。

Four Cheese Pizza. Truffle oil and honey works as accent (Paresa meal)
4チーズピザ+トリュフオイル。これがすっごくおいしい。

私も夫も、少しずついろいろな種類を食べたいタイプなのですが、

Paresaは何を食べても結構なボリュームでした。

Nachos. It is quite an volume for an appetizer. (Paresa meal)
ナチョス:前菜として食べましたが結構なボリューム。

味付けは薄味で、その点では私の好みでした。

Lunch time at Paresa.

朝食はスパークリングワインで乾杯

Paresaの朝食は、朝からスパークリングワイン付きです。

「朝シャン」というんでしたっけ?

Sparkling wine breakfast at Paresa.

朝食は7:00からなのですが、

朝起きて何もせずにそのままスパークリングワイン…。

Sparkling wine breakfast at Paresa.

このホテルでは、ひたすらのんびり…

Sparkling wine breakfast at Paresa.

いいえ…グータラ過ごすのがよさそうです。

Paresa

温かい食事は、注文すると作ってくれます。

基本は席に座ったまま、歩くことなく食事が可能です。

breakfast at Paresa.

朝早く起きた特権として涼しい風が吹く抜ける中、海を見ながらの朝食を食べました。

Breakfast (Paresa meal)

滞在中は、朝食が終わるとお風呂にお湯をためながら、

その間にスチームバスに入って気が付くとお昼…。

そんな過ごし方でした。

スパで日頃の疲れを癒そう。

私は旅先では、結構アクティブに行動するタイプなのですが、

Paresaでは朝からスパークリングリングワインを飲んだせいか、グータラ過ごしました。

眼下に広がる地平線を見ると、何も考えられないと言いますか…。

結構、ボーっと過ごしました。

Infinity pool at Paresa.
インフィニティ―・プール。ここでプライベートディナーをセッティングすることも可能です。

プールで泳ぐわけでもなく、ジムで運動するわけでもなく、ひたすらのんびりしていました。

当然ながら、スパにも行きましたよ。

spa entrance at Paresa.
spa entrance
Spa consultaion at Paresa.

自室にマッサージエリアがあるのですが、

意外と蚊が多いという事が判明しスパに出かけました。

Treatment room at Paresa.

スパからの景色も当然ながらよく、エアコンも効いているので快適でした。

Treatment room at Paresa.
スパの施術ルームにはバスタブとスチームバスがあります。

Paresaおすすめポイント

ひたすらのんびり、ゆっくり過ごせる。

Sunshine (Paresa)

プライベートプールがあり、部屋も広いので気持ちもゆったりする。

食事がおいしい。

朝からスパークリングワインを飲み、休日感が満載。

自室から絶景が望める。

ビラもレストランも、全てがロマンティックなので、カップルに良い。

Paresaマイナスポイント

断崖絶壁に建っているので、高低差が激しく、歩くのが大変。(=ただの運動不足です。)

Paresa

Spa Pool SuiteはLobbyがあるメインエリアから離れており、ホテルの敷地外の別棟にある。

オープンエリアはどうしても虫が多い。

海は見えるが、ビーチはないので、どうしても海で泳ぎたい場合はKamala Beachまで行く必要がある。
(無料送迎あり。車で10分)

Paresaの情報

Homepage

空港から45分。(ホテルの送迎は片道1400バーツ)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる